Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

中東地域の食肉業者を買収-農中出資のファンド2018年6月4日

一覧へ

 農林中央金庫とみずほ銀行などが出資する「Gulf Japan Food Fund」(GJFF)は、今年5月にアラブ首長国連邦ドバイ首長国(UAE)で食肉輸入卸売・小売事業を行っている「Country Hill International LLC」(CHI)を買収したと5月末に公表した。同社を通じて中東地域への日本産和牛の提供も広める。

 CHIは1999年にUAEで創業した食肉卸企業でおもにニュージーランドや豪州産の牛肉をUAEやオマーンの高級ホテル、レストラン、大手スパーマーケットチェーンに販売して強固な顧客基盤を構築している。また、小売子会社も設立し一般消費者への直接販売も行っているという。
 一方、GJFFは日本から中東地域に向けた食品・農畜水産物と関連する生産技術などの輸出拡大を金融面から支援することを目的にしたファンド。日本は農林中金とみずほ銀行、官民ファンドの(株)海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)、さらに中東政府系ファンドなど総額3.9億ドルの出資を行って2016年から投資活動を行っている。
 中東地域には外国産WAGYUも流通しているが、今回のCHIの買収でJAグループや日本企業とも連携してハラール処理された日本の和牛も加えるなど、高品質な日本の農畜産物を中東地域のより多く提供していくことをめざす。

 

(関連記事)
豪州向け生鮮牛肉 輸出再開条件を両政府が合意(18.05.29)
過去最高の輸出支援を実施 日本公庫(18.05.21)
1~3月の農産物輸出 前年比10.7%増-農水省(18.05.16)
米国に和牛の加工施設-JA全農(18.02.26)
中東のベーカリー事業へ出資-農林中金(17.08.02)
中東地域への輸出促進支援でファンド組成-農林中金(16.03.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る