Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「第2回和牛甲子園」参加校を募集-JA全農2018年7月31日

一覧へ

 JA全農は来年1月に東京・港区で開催する予定の「第2回和牛甲子園」の参加校を募集している。

 和牛甲子園は全国の高校で和牛を肥育している高校生たちが、育てた和牛の肉質と日頃の取り組みを競い合う大会で今年1月に初めて開催した。
 大会開催を受けて「生徒の目標になる」、「他に例のない取り組み」だと学校関係者の評価も高く、JA全農は来年1月に第2回を開催することにした。
 このほど募集要領を決定。開催日の半年前となる7月17日に全国農業高等学校校長協会を通じ、全国の農業高校など306校に募集開始を案内した。
 締め切りは9月28日。出品牛は参加高校を最長・最終飼養地とする黒毛和牛で1校につき2頭まで出品可能。評価は「和牛肥育体験発表会」と「和牛枝肉共励会」の両方の評価で審査するが、第2回からは「総合部門」、「枝肉評価部門」に加えて「取組評価部門」を新たに設ける。

 

【第2回和牛甲子園の開催概要】
○主催:JA全農和牛甲子園のロゴ
○後援:全国農業高等学校長協会、公益財団法人全国学校農場協会、東京都中央卸売市場食肉市場、東京食肉市場(株)ほか。
○日時:平成31年1月17日(木)~18日(金)。
○場所:
(1)フクラシア品川クリスタルスクエア(体験発表会、褒章式等)
(2)東京都中央卸売市場食肉市場(枝肉共励会、セリ見学会等)

 

 

 

 

(関連記事)
国産買って応援したい! 畜産・酪農家に応援メッセージ-JA全中(18.06.15)
JA全農が「酪農の夢」コンクールで募集開始(18.05.11)
第2回和牛甲子園が来年1月開催へ(18.04.06)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る