JAの活動 ニュース詳細

2018.10.03 
カボチャを使った育脳レシピを紹介 JA全中一覧へ

 東京・大手町のJAビル内にある農業・農村ギャラリー「ミノーレ」では、毎月12日「育児の日」にちなみ、10月12日、カボチャを使った「子どもの脳の発達に合わせた離乳食・幼児食作り講座」を開講する。

かぼちゃ ミノーレは、前年に引き続き旬の国産野菜を使った子どもの脳を育てる「育脳離乳食・幼児食」を提案している。
 今回のテーマ食材は「カボチャ」。生後5カ月の離乳食初期から1歳過ぎまでの育脳料理を成長段階別に紹介する。すべてのメニューを試食でき、ちょい足しをすればパパとママも一緒に美味しく食べられるアレンジ方法の紹介もする。この講座は親子で参加できる。

 

昨年の会場の様子日時:10月12日(金)12:05~12:50
場所:JAビル4階ミノーレ(東京都千代田区大手町)
メニュー:
 ▽お米と鯛のとろとろポタージュ
 ▽かぼちゃとツナの包みオムレツ
 ▽かぼちゃのやわらかワンタン
 ▽かぼちゃとオートミールのカミカミおやつ
講師:小山浩子(料理家・管理栄養士)

(写真)昨年の会場のようす

 

(関連記事)
【JA新代表に聞く】第3回 根本作左衛門・JA稲敷代表理事組合長(18.06.28)
実需に基づき園芸産地づくり【酒井 肇・JA全農園芸部次長】(18.06.04)
(062)「かぼちゃ」と「にんにく」の自給率(17.12.22)
冬至にカボチャ タキイ交配「えびす」が50周年(14.12.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ