農機・資材 ニュース詳細

2014.12.16 
冬至にカボチャ タキイ交配「えびす」が50周年一覧へ

 タキイ種苗のカボチャ「えびす」は今年で開発50周年を迎えたロングセラー品種だ。消費者、生産者ともに長く愛されてきた「作りやすくておいしい品種」として、冬至にあわせてPRしている。

50年愛されてきたカボチャ「えびす」 一年でもっとも冬の長い日が「冬至」。今年は12月22日だ。冬至にカボチャを食べると、かぜや中風(脳卒中など)にならない、金運がよくなるなどの言い伝えがあるが、実際に栄養価が高く、保存が効き、調理法の幅も広いカボチャは、緑黄色野菜が少なくなる冬場にぴったりの野菜だ。
 タキイ種苗が1964年、新幹線の開通と同じ年に開発したカボチャ「えびす」は、それまでの市場流通の主流だった粘質でねっとりする日本種カボチャではなく、甘みが強く粉質でほくほくした西洋種カボチャだ。「えびす」の誕生以来、西洋種カボチャが次々と開発されてきたが、「えびす」は今でも売れ続けている「カボチャの代名詞」ともいえる品種である。
「えびす」新発表の記事(1964年のタキイ種苗発行『園芸新知識』より) 「えびす」は甘味が強く味がよく、煮物にしても煮くずれしにくいなどの点で消費者に愛されているが、一方、生産者からも、気候や栽培場所、作り方などに左右されない作りやすさと、大玉で収量性が高いという点で人気が高い。
 タキイ種苗では、「えびす」のほか、トマト「桃太郎」、ナス「千両二号」など長年愛されているロングセラー品種を多数開発しており、「今後も、末永く生産者や消費者に愛され続ける優良品種の開発を行っていく」としている。

(写真)
上:50年愛されてきたカボチャ「えびす」
下:「えびす」新発表の記事(1964年のタキイ種苗発行『園芸新知識』より)


(関連記事)

機能性野菜が充実 タキイ種苗が新品種説明会(2014.11.13)

理想のトマトは「甘み・香り」 タキイが調査(2014.10.10)

好きな野菜はトマト 6年連続でトップ(2014.08.29)

タキイのダイコン「耐病総太り」発売40周年(2014.08.26)

赤紫のミズナ「紅法師」 タキイ種苗(2014.08.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ