左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

タキイのダイコン「耐病総太り」発売40周年2014年8月26日

一覧へ

 タキイ種苗が開発したダイコン「タキイ交配 耐病総太り」は1974年に発売され、今年で40周年を迎えた。中間地・暖地で9月上旬から始まるダイコンの種蒔き時期を前に、改めて同品種をPRしている。

ダイコン「耐病総太り」 ダイコン「耐病総太り」は、日本各地に青首ダイコンブームを巻き起こした同社のロングセラー品種だ。米「コシヒカリ」、ジャガイモ「男爵」、トマト「桃太郎」などに比べて品種の知名度こそ高くないものの、おでんの具や漬物、切り干しダイコンなどに最適で、長年日本人の食卓に欠かせない食材として愛されてきた。
 品種名の通り耐病性が高く、また、果肉内部に空洞ができる“ス入り”や、烈根がきわめて少ないため作りやすいのが特長だ。プロの生産者だけでなく、家庭菜園でも楽しめるなど、誰もが求める「品質の良さ」がある。
 中間地では9月下旬まで、暖地では10月上旬までが種蒔き時期で、11月から2月ごろまで収穫できる。追肥中心に施肥設計にすることで、曲がりの発生を軽減することができる。
 「耐病総太り」の価格は、小袋(約150粒)459円、18ml626円、2dl缶6156円(ともに税込み)。全国の種苗店などで販売している。

40年前の「耐病総太り」発売当時の同社発行の雑誌『園芸新知識』

(写真は、40年前の「耐病総太り」発売当時の同社発行の雑誌『園芸新知識』)


(関連記事)

赤紫のミズナ「紅法師」 タキイ種苗(2014.08.06)

野菜を食べると夏バテ防止に効果 タキイ種苗(2014.08.01)

タキイの機能性ミニトマト ドールが商品化(2014.07.23)

おすすめ品種の料理も提供 タキイの農場研修会(2014.07.18)

機能性野菜「ファイトリッチ」HPをリニューアル(2014.07.17)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る