野菜・果物 ニュース詳細

2014.08.01 
野菜を食べると夏バテ防止に効果 タキイ種苗一覧へ

「夏バテと食生活」に関する調査 

 タキイ種苗(株)は、暑さが強まり食欲が落ちがちなこの季節に「食」とくに夏バテに効果があると思われている「夏野菜」に注目し、「夏バテと食生活」に関する調査を、20歳代から60歳代の男女340名を対象に実施した。

 この調査では、これまでに夏バテを感じたことが「よくある」人が12.4%、「ときどきある」が45.0%と、合わせて57.4%と半数以上の人が、夏バテを感じたことがあると回答している。
 また、夏バテに効果があると思う生活習慣については、「睡眠をよくとる」70.6%がもっとも多く、次いで「水分を多めにとる」50.6%、「冷たい食べ物をとりすぎない」48.8%など、食生活に気を付けることが重要と考える回答が多かった。
 そして「夏バテ防止には野菜を摂取すると効果があると思いますか」という設問に、「思う」27.6%、「やや思う」47.1%と、75%近い人が、野菜に夏バテ防止効果がある回答している。
 そして、夏バテ防止に効果があると感じる野菜のトップは「トマト」で49.4%、次いで「にんにく」31.2%、「ゴーヤ」24.7%の順となっている。
 タキイ種苗では、「近年、農業技術の進歩や品種改良などによりさまざまな種類の野菜が年間を通して入手できるなか、多くの人が夏野菜を選び、潜在的に夏野菜が夏バテに効果があると期待していることが分かった」と解説している。

(関連記事)

【シリーズ・食は医力】第64回 夏こそ酢の出番(2014.07.15)

金芽米の継続摂取で体調改善効果 東洋ライス(2013.08.20)

カットスイカを選ぶ人が半数以上 タキイが調査(2013.08.20)

4人に1人が週1回トマト JA全中調査(2013.07.30)

夏こそキノコ食 JA中野市きのこ研がPR(2013.07.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ