左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野菜を食べると夏バテ防止に効果 タキイ種苗2014年8月1日

一覧へ

「夏バテと食生活」に関する調査

 タキイ種苗(株)は、暑さが強まり食欲が落ちがちなこの季節に「食」とくに夏バテに効果があると思われている「夏野菜」に注目し、「夏バテと食生活」に関する調査を、20歳代から60歳代の男女340名を対象に実施した。

 この調査では、これまでに夏バテを感じたことが「よくある」人が12.4%、「ときどきある」が45.0%と、合わせて57.4%と半数以上の人が、夏バテを感じたことがあると回答している。
 また、夏バテに効果があると思う生活習慣については、「睡眠をよくとる」70.6%がもっとも多く、次いで「水分を多めにとる」50.6%、「冷たい食べ物をとりすぎない」48.8%など、食生活に気を付けることが重要と考える回答が多かった。
 そして「夏バテ防止には野菜を摂取すると効果があると思いますか」という設問に、「思う」27.6%、「やや思う」47.1%と、75%近い人が、野菜に夏バテ防止効果がある回答している。
 そして、夏バテ防止に効果があると感じる野菜のトップは「トマト」で49.4%、次いで「にんにく」31.2%、「ゴーヤ」24.7%の順となっている。
 タキイ種苗では、「近年、農業技術の進歩や品種改良などによりさまざまな種類の野菜が年間を通して入手できるなか、多くの人が夏野菜を選び、潜在的に夏野菜が夏バテに効果があると期待していることが分かった」と解説している。

(関連記事)

【シリーズ・食は医力】第64回 夏こそ酢の出番(2014.07.15)

金芽米の継続摂取で体調改善効果 東洋ライス(2013.08.20)

カットスイカを選ぶ人が半数以上 タキイが調査(2013.08.20)

4人に1人が週1回トマト JA全中調査(2013.07.30)

夏こそキノコ食 JA中野市きのこ研がPR(2013.07.29)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る