左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

おすすめ品種の料理も提供 タキイの農場研修会2014年7月18日

一覧へ

 タキイ種苗は7月15、16日、同社のタキイ研究農場(滋賀県湖南市)で「2014 夏期農場研修会」を開催した。2日間で近畿地区を中心に中部地区、中・四国地区の種苗店、JA、生産者団体、直売所関係者など約1350人の来場があった。

 会場ではトマト黄化葉巻病に耐病性をもつ「桃太郎ピース」や“高い栄養価”と“おいしさ”を兼ね備えた機能性野菜「ファイトリッチ」シリーズの青果展示が人気を集めていた。
 「ファイトリッチ」シリーズを使ったスムージーやサラダの試食コーナーのほか、研修会では初めての試みとして、品種改良に携わる女性社員がおすすめ品種を使って考案した料理を提供するコーナーがあり、多くの参加者が試食して出来栄えを確かめていた。

 女性社員がおすすめ品種を使って考案した料理の提供する初めての試みもあった 新品種やおすすめ品種を見学する生産者たち 

(写真)
女性社員がおすすめ品種を使って考案した料理の提供する初めての試みもあった(左)
新品種やおすすめ品種を見学する生産者たち(右)


(関連記事)

機能性野菜「ファイトリッチ」HPをリニューアル(2014.07.17)

トマト新品種に高い関心 タキイ種苗(2014.07.14)

トマト黄化葉巻病に強い「桃太郎ピース」新発売(2014.06.23)

手軽に野菜摂取 ベジ・スムージー認知度アップ(2014.05.28)

五月病予防にトマトを タキイ種苗(2014.04.28)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る