左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大阪駅で「奈良の実り」マルシェ JA全農2018年11月6日

一覧へ

 JA全農は11月10日と11日、JR大阪駅でみのりみのるマルシェ「奈良の実り」を開催する。

大和まな 「奈良の実り」では、同県生まれのいちご「あすかルビー」や甘柿の代表格「富有柿」、戦前から栽培されている伝統野菜「大和まな」(=写真上)「筒井レンコン」などの旬の農産物を紹介・販売する。また、奈良県へのIターン・Uターン、就農、旅行案内なども実施する。
 JA全農「みのりみのるプロジェクト」とJR西日本は、平成27年に「地域振興支援に関する連携協定書」を締結し、マルシェの実施と行政と連携したIターン・Uターン促進に取り組んでいる。「みのりみのるマルシェ」は生産者と消費者をつなぐため、TACや生産者が地域の農産物・歴史・文化や思いを伝える取り組み。
 マルシェは11月10日(土)と11日(日)の11:00~18:00、JR大阪駅ノースゲートビルディング2階「アトリウム広場」にて開催する。

 

(関連記事)
日本橋で「大和の伝統野菜」を試食・販売(18.11.03)
「和歌山の実り」マルシェ」を開催 JA全農(18.10.10)
山形の旬の農産物を銀座三越で販売 JA全農(18.09.25)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る