左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

銀座みのる食堂で宮城県産米「だて正夢」を提供 JA全農2018年11月6日

一覧へ

 JA全農「みのりみのるプロジェクト」は11月7日~20日まで、「みのる食堂 銀座三越店」で提供するお米すべてを「だて正夢」にする。

 このプロジェクトでは、直営飲食店舗「みのる食堂銀座三越店」で、東京都豊島区にあるアンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」が今月からスタートしている「宮城のうまい秋 旬感祭」と連携し、フェア期間中みのる食堂で使用するお米を全て「だて正夢」で提供する。また、東北・北海道新幹線グランクラスや、JAL国際線ビジネスクラス、羽田空港ANAラウンジでも期間限定で「だて正夢」が提供されており、日本国内のみならず世界へも発信されている。
 「だて正夢」は今年本格デビューしたプレミアムブランド米で、かむほどに甘みが溢れ出し、お米本来の味わいが堪能できる、もっちり食感の新品種。仙台藩主・伊達政宗公を彷彿とさせる名前で「宮城らしさ」を表現し、宮城の復興と、このお米で「食卓の天下をとる」という願いが込められている。炊きたてはもちろん、冷めても味や香りの評価の高いお米となっている。
 このお米は11月7日(水)から20日(火)の間、東京・銀座三越9階銀座テラスにある「みのる食堂銀座三越店」で提供される。

 

(関連記事)
日本橋で「大和の伝統野菜」を試食・販売(18.11.03)
「和歌山の実り」マルシェ」を開催 JA全農(18.10.10)
山形の旬の農産物を銀座三越で販売 JA全農(18.09.25)
特Aは43産地銘柄 魚沼コシは特A逃す-29年産米食味ランキング(18.03.01)
県間競争排しブロックで【JAみどりの代表理事専務 阿部 雅良氏】(17.04.28)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る