Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

岡山に広域物流センター設置 JA全農2018年11月27日

一覧へ

 JA全農は11月26日、中四国7県域を供給エリアとする農薬の広域物流拠点「JA全農中四国広域物流センター」を岡山市内に設置し、12月3日から稼動すると発表した。

JA全農中四国広域物流センターのフロー図

 供給エリアは、鳥取、島根、岡山、広島、山口、徳島、愛媛。
 県域を超えた広域物流センターは平成24年度から稼動している北部九州地区に続き2か所目。
 中四国広域物流センターでは農薬メーカーのストックポイントや各県域の在庫を集約し、一元的に在庫管理を行う。
 農薬メーカーへの発注は中四国7県域をまとめて一括発注し、工場からの集中配送で同センターに納品し、出荷元別、年限別に農薬在庫を一元管理する。
 農家組合員やJAからの受注に対しては、配送先別の集品作業や農家別セット組み作業(農家別に仕分けして箱詰めする作業)を集中的に行い、中四国7県域に効率的に配送する。
 JA全農はこれらの取り組みを通じて農薬メーカー工場から農家戸配送までの効率的な広域物流体制をめざす。年間供給金額は約95億円(約35万ケース)。11月29日には出発式を開く。

 

(関連記事)
京野菜の担い手をTACが支援 JA京都中央(18.11.26)
【JA全農米穀部山本貞郎部長に聞く】産地への生産提案進め 実需者ニーズに応える(1)(18.11.20)
新潟の旬の農産物販売「みのりみのるマルシェ」 JA全農(18.11.19)
TAC活動強化で総合力発揮 全農・TACパワーアップ大会2018(18.11.16)
甲子園の活躍讃えて金足農高へ繁殖雌牛  JA全農(18.11.15)
30年春肥価格 値上げ決定-JA全農(18.10.31)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る