JAの活動 ニュース詳細

2019.02.01 
九州初・タイへミカン輸出 JAふくおか八女一覧へ

 JAふくおか八女のかんきつ部会は1月23日、九州では初、全国でも3番目となるタイへのミカン輸出を行った。

厳しいチェックをクリアし、輸出される「JAPANESE MANDARIN ORANGES『MIKAN』」と書かれた専用箱入りのミカン タイでは、ミカンバエの侵入防止のため日本からのかんきつ果実の輸入を禁止していたが、2007年に植物検疫法が改正され輸出が解禁された。同JAでは、法律に基づいたモニタリング調査を行い、害虫が発生していないことを確認の上、防疫所からの生産地域の指定を受け、さらにタイ側の認可をクリア。ようやく1月23日、1tのミカンを輸出した。
 これは全国で静岡、三重県に次ぐ3番目の快挙で、九州では初となる。
 タイへ送られたのは大玉で見栄えも良く、高糖度が特長の「青島温州」。3Lサイズで、直径約8cm以上もあるという。129箱(1箱あたり8kg)が北九州空港から空輸された。
 国内では1kg約300円ほどで販売されているが、タイでは空輸費などが嵩むため、同約2300円ほどで販売されている。購入するのは主に富裕層だという。
 また、同JAでは国内向けに「蔵出しみかん」の出荷も始めた。12月に収穫した高糖度系ミカンを、さらに糖と酸のバランスが良くなるまで専用の貯蔵庫で低温熟成させたもので、今年の商品は酸切れも良く、高糖度に仕上がっている。

(写真)厳しいチェックをクリアし、輸出される「JAPANESE MANDARIN ORANGES『MIKAN』」と書かれた専用箱入りのミカン

 

(関連記事)
骨の健康維持に静岡みかんを JA静岡経済連がPRイベント(19.01.16)
新かんきつ「あすみ」「璃の香」など紹介 農研機構(19.01.25)
【横田敏恭・GAP普及推進機構理事長に聞く】グローバルGAPは世界への通行手形(17.07.31)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ