想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

糖度と大きさ極めた梨「にっこり 栃木プレミアム」販売開始2020年10月14日

一覧へ

栃木県 農政部経済流通課は10月13日、栃木県のオリジナル品種の梨「にっこり」の中でも高い糖度、大きさ、美しい形を極めた特別な梨「にっこり 栃木プレミアム」の販売を始めた。

にっこり栃木プレミアムにっこり栃木プレミアム

「栃木プレミアム」は、県が定めた品質基準を満たした農産物を生産・流通できる生産者団体等をとちぎ農産物マーケティング協会が認証する制度。これまでのテスト販売や流通実証を積み重ねて設定した「品質基準」をクリアした商品で、認証制度に基づき、認証された生産団体等により出荷され、梨の「にっこり」と、いちごの「スカイベリー」が対象となっている。

「にっこり 栃木プレミアム」の認証制度の初年度になる今年は、JAうつのみや梨専門部と、JAなす南梨部会の2つの生産者団体が認証を受け、10月から第一弾として、「にっこり 栃木プレミアム」が出荷する。

栃木オリジナル梨の「にっこり」は、その親である新高の大きさと形、豊水のみずみずしさ・歯ざわり・さわやかな甘みをあわせもつ。その中でも「にっこり 栃木プレミアム」は、糖度13度以上、重さ800グラム以上になるよう選果。さらに、一つひとつを手にとって姿形の良さや傷みの有無など、品質の高さを丁寧に確認している。

一般的に農産物は、大きいほど大味になるイメージがあるが、にっこりは、大きくなるほどさらに甘みが際立つため、果実が大きくなるよう、木に実らす果実を厳選し、他品種に比べ極端に着果数を減らして栽培している。
「手をかければかけるほどおいしくなる」と生産者が口をそろえて言うように、「にっこり 栃木プレミアム」は、手間と時間をかけてじっくり大きく育て上げ、にっこりのおいしさを最大限引き出し、見た目にも味にも存在感がある。貯蔵性にも優れており、乾燥する冬の季節に、こたつでジューシーな「にっこり 栃木プレミアム」を食べることもできる。

今年は認証制度が始まったばかりで、天候の影響で生産量が少ないこともあり、販売先は限定されているが、栃木県は、順次拡大に向けて県全体で取り組んでいる。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る