秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

JAの活動:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

都市農業の役割などアピール【ヒント&ピント~JAの広報誌から】2022年11月26日

一覧へ

ヒント&ピント_JAいちかわ.jpg多面的機能を活用
JAいちかわ「みどりの風」(千葉県)

市川市は江戸川を挟んで東京の江戸川区に接する都市近郊で、大消費地に最も近いナシや小松菜などの軟弱野菜の供給地になっている。広報誌では都市農業について、①環境保全②景観創出③地産地消④食育・教育⑤交流創出⑥防災の六つの機能を挙げ、JA支店での新鮮野菜の直売や農家主導の体験農園や小学生対象の体験授業などの取り組みを紹介している。

都市農業の役割についての都市住民の意向調査結果をグラフで分かり易く示している。

ヒント&ピント_JA横浜.jpg准組合員と共に
JA横浜「Agri横浜」(神奈川県)

大消費地の横浜市を管内とするJA横浜は、約6万人の准組合員を「横浜農業振興応援団」と位置づけ、地元農業への理解を深めている。具体的には、農家の農作業を手助けする「援農ボランティア」を育成し、現在76人が登録している。また准組合による生産現場の視察を実施。終了後に正組合員やJAの役職員と意見交換会を開き、JA事業や活動への参加を呼び掛けるなど、さまざまな形で准組合員や都市住民にアプロ―チをしている。

さらに准組合員の意見やエピソードを募集しリーフレットで紹介している。紙面はやや詰め込みすぎのきらいもあるが、写真をふんだんに使い見やすい紙面になっている。

ヒント&ピント_JA福岡市.jpg「食料農協」を目指す
JA福岡市「Jam」(福岡県)

100万都市のJA福岡市は「食料農業協同組合」を目指している。食料は農家だけでなく地域の人、ひいては全国民のためにある。万が一食料危機になった時には、正組合員が作った農産物を優先的に准組合員に供給する。この方針をJA発足60周年記念企画の座談会で披露し、JA専務と若手・中堅の職員が、自分の仕事を通じて、それぞれJAや地域に対する思いを語っている。

地域との結びつきが強かった「古き良き時代のJA」について話が弾むが、同じ出席者の写真が3回も登場するのは多すぎか。

最新の記事

ヤンマーSP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る