左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

汚染水漏洩で政府要請 日本農業法人協会2013年9月9日

一覧へ

東京電力には厳重抗議

 日本農業法人協会は9月9日、うつくしまふくしま農業法人協会とともに政府に対して、福島原発事故による放射能汚染水漏えいに関する要請活動を行った。首相官邸で菅義偉官房長官に面会し、農業経営者の立場から一刻も早く実効性のある具体的措置を国の主導で講じるよう求めた。

 日本農業法人協会は9月5日、福島県内で開いた北海道・東北ブロック交流会で緊急決議「東京電力福島第1原発放射能汚染水漏出問題の国主導による抜本的対策の加速化に関する要望」を採択。要請は、この決議に基づいて行った。要請には日本農業協会の藤岡茂憲会長、うつくしまふくしま農業協会の高橋良行会長らが参加した。
 あわせて東京電力本社を訪れ、対応した新妻常正業務執行役員に厳重抗議した。特に「事故現場での適宜適切な情報開示」を求めた。


(関連記事)


【クローズアップ フードビジネス】いま、なぜ植物工場か JA東西しらかわ(福島県)が建設  放射能の風評被害払拭し、地域農業のモデルに(2013.08.09)

【提言・震災復興と協同組合】福島第一原発事故・県民と協同組合の苦闘続く 小山良太・福島大学経済経営学類准教授、うつくしまふくしま未来支援センター・産業復興支援部門長(2013.07.25)

「園芸王国福島を未来へ」 JA、県が説明会(2013.04.16)

【原発事故を考える 】第4回 放射能汚染にどう対応するか  小山良太 福島大学経済経営学類・准教授(2012.03.26)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る