Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

"ふくしま"の魅力発信 県がアイディア募集2014年4月15日

一覧へ

 福島県は、県産農林水産物に対する風評を払拭し、消費や販路の拡大をはかることを目的に、「ふくしまから はじめよう。若い力による風評対策提案事業」を行っている。

 この事業は、全国の大学生組織やNPO法人などの団体を対象に、行動力や感性など若い力を活かして、農林水産物を主体に観光などさまざまな“ふくしま”の魅力を全国から募集するもの。応募団体の中から審査会を経て、10団体程度を選定し、1団体あたり最大800万円を上限に、福島県と委託契約を締結する。
 募集内容としては、▽福島の農林水産物、産地を支える人などの魅力発信、▽県内および首都圏での消費拡大、▽生産社と流通関係者、消費者との交流促進など、の視点を踏まえた新しいアイディア、となっている。
 募集団体は、▽大学生、短期大学生を主たる構成員とする団体、▽NPO法人、▽農林漁業者を主たる構成員とする団体、▽商工業者を主たる構成員とする団体。ただし、福島県外に主たる事務所を置く団体の場合は、県内団体等との共同提案とする。
 なお、説明会が4月24日コラッセふくしま(福島市)研修室、同25日東京のアットビジネスセンターでいずれも13時30分から開催される。
 企画提案書の提出期限は5月15日12時必着。

 詳細の問い合わせは
ふくしまから はじめよう。若い力による風評対策提案事業」事務局(TEL:03-3454-4016(平日10時?17時)、Eメール)で。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る