Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【TPP】妥結間近を確信-TPP閣僚会合声明2015年8月3日

一覧へ

 7月28日から米国・ハワイで開かれていたTPP(環太平洋連携)協定交渉の閣僚会合は大筋合意に至らず、31日(日本時間8月1日)作業継続するとの閣僚声明を公表した。

 日本政府による閣僚声明の仮訳は以下のとおり。 

 ◇    ◇

 我々、オーストラリア、ブルネイ・ダルサラーム、カナダ、チリ、日本、マレーシア、メキシコ、ニュージーランド、ペルー、シンガポール、米国及びベトナムの貿易大臣は、一週間以上の生産的な会合を経て、実質的な進展を成し遂げ、環太平洋パートナーシップ交渉の妥結に向けた道筋をつけつつ、限られた数の残された課題の解決に向けた作業を継続することを発表する。
 閣僚及び交渉官は、交渉官が共通の土台を見つけるために集中的な関与を継続するよう密接に連絡を取り続けることにより、今回の会合のモメンタムを更に高めることにコミットしつつ、ハワイを出発する。交渉官は、また、今週成し遂げられた業績を公式なものに整えるための作業を継続する。
 この交渉の最終段階において、我々は、TPPが妥結間近であり、雇用及び経済成長を支えることについてこれまで以上に確信している。
 今週成し遂げられた進展は、アジア太平洋地域にわたり、雇用及び経済成長を支える、野心的で、包括的な、高い水準のTPP協定を生み出すことに対する我々の長年にわたるコミットメントを反映している。

(関連記事)

【TPP】報道、事実なら「断じて容認できず」-長野中央会会長 (15.08.03)

【TPP】交渉、報道通りなら「到底納得できず」全中会長 (15.08.03)

【TPP】脱退も辞さずの覚悟で-与党議員ら強調 (15.07.29)

【TPP】現場の不満は沸点-1500名集会で決議遵守要求(15.07.28)

【TPP】国会決議の完全履行を畜産緊急集会(15.07.24)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る