左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【TPP】コメ、育児用調製品など15品目を関税撤廃2015年10月21日

一覧へ

 農林水産省は10月20日、TPP交渉で重要5品目とした586の関税品目の交渉結果の内訳を公表した。

 コメのタリフライン数は58。交渉で関税非撤廃としたのは43品目で15品目は協定発効から11年目までに関税撤廃される。15品目には、たとえば、食用・美容用油や健康食品原料に使われる「穀物の胚芽」がある。現在の17%を6年目で関税撤廃する。農林水産省によると現在の輸入量は世界全体から年間100t程度でTPP参加国からは10t~20t程度だという。
 そのほか、水や牛乳で溶かす育児用穀物調整品も現在の24%、13.6%などの関税を11年目に撤廃する。これらの品目の輸入実績はないという。
 関税は残すが削減する品目もある。
 穀物加工品(粟粥など)は21.3%が6年目に75%削減し5.3%となる。この品目のTPP参加国からの輸入量は約130t(2011~2013年平均、以下同)。
 そのほか一定の輸入量がある米の調製品13品目は関税を5~25%削減する。米粉調製品(加糖)は23.8%を6年目に25%削減し17.8%とする。TPP参加国からの輸入量は約1万6000t。無糖の米粉調製品は16%を4年目に15%削減し13.6%とする。輸入量は約4000tとなっている。
 そのほか11品目は5%の即時削減とする。関税非撤廃の品目としては43品目だが、このうち関税削減される品目は14品目あることなる。
 小麦・大麦では109のタリフラインのうち83品目が関税非撤廃。撤廃される小麦製品ではビスケットが6年目に無税となる。輸入量は全世界から2万1000tでTPP参加国からは8000tとなっている。マカロニ、スパゲティは1kg30円の従量税が9年目までに60%削減され同12円となる。輸入量は全世界から13万6000t、TPP参加国からは2万2000tとなっている。
 そのほか重要品目では牛肉のタリフライン数51品目のうち7割以上が関税撤廃され非撤廃は14品目となる。豚肉も7割近くの品目で撤廃され非撤廃49品目が16品目となる。
 TPP交渉参加に関する国会決議では重要5品目について「除外または再協議の対象にすること。10年を超える期間をかけた段階的な関税撤廃も含め認めないこと」とした。農水省によるとTPP交渉ではそもそも「除外や再協議というカテゴリーはない」交渉だったといい、全タリフラインについて交渉された。
 その結果、重要5品目のタリフライン数586のうち、174品目は関税撤廃となった。非撤廃の412品目も関税削減される品目も多い。この交渉結果が国内農業にどう影響を与えるか、国会決議との整合性も含め、今後の検証と議論を生産現場は求めている。

【TPP重要5品目の586タリフラインの交渉結果】

○品目:タリフライン数→TPP交渉における非撤廃ライン数
○コメ:58→43
○小麦・大麦:109→83
○牛肉:51→14
○豚肉:49→16
○乳製品:188→157
○砂糖・でん粉:131→99
○合計:586→412

(関連記事)

【TPP】重要5品目で174品目を関税撤廃  農水省 (2015.10.20)

【TPP】合意内容の検証働きかけー奥野全中会長 (2015.10.16

【TPP】JAしまねの萬代組合長「決議守れたか」と現場の声で迫る (2015.10.15

【緊急特集】TPP大筋合意―どうする日本の農業

【緊急提言】 TPP「大筋合意」の真相と今後の対応 食料・農業の未来のために 戦いはこれから (15.10.07)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る