左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

EUが福島県産品などの輸入規制緩和2015年11月27日

一覧へ

 農水省食料産業局輸出促進課によれば、11月25日に開催された欧州委員会の常設委員会で、放射性物質に係る日本産食品の輸入規制の改正規則案が了承され、福島県産品を含め大幅な規制緩和がされることになった。

 今回の改正規則案の主な内容は
1)福島県産品の野菜、果実(柿は除く)、畜産品、そば、茶等については、検査証明対象から除外。
2)青森県および埼玉県は、検査証明対象から除外。
3)岩手、宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の6県産のコメ、大豆等については、検査証明対象から除外。
というもので、福島県産品を含めて大幅な規制緩和となっている。
 なお、常設委員会で了承された改正案は、年内に欧州委員会による採択後、施行される見込みとなっている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る