Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「農協合併の特徴と課題」で研究大会 5/28 農協研究会2016年5月11日

一覧へ

 農業協同組合研究会は5月28日(土)、東京都中央区の日本橋公会堂で第12回研究大会「農協法改正後の農協合併の特徴と課題」を開く。

 農協法改正による組織再編に加え、最近の経済状況を反映した経営基盤強化を目指す広域合併が進んでいる。その一方で、農林中金の農業融資や農協の生産資材価格などを取り上げた批判が行われている。そんな中、規模拡大した農協が地域本位で、提起された課題にどのように取り組むか、広域合併の現状と問題を実態に即して検討するために開く。
【開催概要】
◎内容【報告】
Ⅰ「農協合併の現状と課題」太田実JA全中常務理事
Ⅱ「農業王国ふくしまの創造の核としてのJA」菅野孝志JAふくしま未来代表理事組合長
Ⅲ「農協合併のこれまでとこれから」太田原高昭北海道大学名誉教授
【司会】白石正彦氏(東京農業大学名誉教授)
◎日時:5月28日(土)午後1時30分~6時
◎場所:日本橋公会堂 第3・第4洋室(2階)(東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目31-1)
◎参加費:会員は無料。会員外は500円(資料費)。参加者は事前に申し込む(申し込みなしでも参加は可能)。また研究会終了後に懇親会が予定されている(会費:5000円)。
◎問い合わせ・参加申込
農業協同組合研究会 事務局 TEL:03-3639-1121  FAX:03-3639-1120
Eメール:nokyoken@jacom.or.jp地図

今日のニュースへ戻る

(農協研究会の関連記事)
問題多いTPP合意 農協研究会があぶり出す (16.02.29)

【TPP】農協研究会がTPPで討論 (15.11.30)

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る