農政 ニュース詳細

2016.09.06 
【台風10号】ブロイラー3万羽以上被害 岩手一覧へ

 農水省は9月5日、台風10号による被害状況をまとめた。また岩手県庁でも被害状況を9月6日にまとめ、ブロイラー3万羽以上に被害があったことを報告した。

 農水省は5日正午現在、農作物などについて、北海道・青森・岩手・宮城で6901ha、2000万円の被害があったことを公表した。また岩手県でブロイラーの斃死が3万3316羽、生乳が北海道で26t廃棄があった(被害額は調査中)。北海道・青森・岩手・宮城で農業用ハウスなどが2102件被害があり、北海道・岩手・宮城で畜舎などに187件被害があった。


◆岩手県庁発

 岩手県によれば6日6時現在、農業施設でパイプハウスなどへの浸水などが171棟、農作物で水稲などに冠水や倒伏などが300.1haに被害があることがわかった。農地の畦畔崩落などが163箇所、水路法面崩壊などが78箇所あり、農地への土砂流入も発生している。
 また家畜では、ブロイラーで土砂流入等による圧死などが3万4449羽、生乳で集荷不能などによる廃棄が93t、牧草ロール460個の流失があった。
 農業施設、農作物などへの詳しい被害は次の通り。
◎農業施設
 パイプハウスの破壊や浸水107棟、園芸栽培施設の倒壊8箇所、牛舎の浸水34棟、鶏舎の浸水・破壊14棟、堆肥舎の破損1棟、生乳加工施設の浸水1施設、産直施設の浸水6棟。
◎農作物など
 水稲などの冠水・倒伏169.4ha、野菜などの冠水・倒伏・流出など49.7ha、花きの冠水・倒伏0.5ha、果樹の落果・倒木11.7ha、飼料用作物の冠水・倒伏67.2ha、工芸作物の冠水・倒伏1.6ha。

 北海道庁の公表した台風10号の農業被害状況はこちらから。

(関連記事)
【台風10号】北海道で農作物6300haに被害 (16.09.05)

【台風10号】北海道・農作物4100ha超に被害(2日現在) (16.09.02)

台風被害で緊急災害対策本部設置-農水省 (16.09.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ