左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

畜産ネット 日EU会合に代表団派遣2017年7月5日

一覧へ

 日本の畜産ネットワークは日EU経済連携協定会合に代表団を派遣し情報収集を行う。

 日EU・EPA交渉は7月5日からベルギーのブリュッセルで岸田外相とEU閣僚との協議が行われ、6日は安倍総理とEU首脳との会談で大枠合意が宣言されるのではないかとみられている。 日本の畜産ネットワークではこうした緊迫した状況のなか、4日から8日にかけて現地の代表団を派遣し、日本の畜産、とくに豚肉・牛肉、チーズなどの乳製品をはじめとする重要品目の再生産が引き続き可能となるよう要請するとともに、情報交換・収集をする。
 代表団は▽日本酪農政治連盟・佐藤哲副委員長、▽全国肉牛事業協同組合・中林正悦副理事長、▽(一社)日本養豚協会・菅谷守副会長、▽(公社)中央畜産会・強谷雅彦専務理事。

(関連記事)
重要品目関税維持を-安倍総理に申入れ (17.07.06)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る