農政 ニュース詳細

2018.08.10 
農林水産物の輸出 上半期で前年比15.2%増一覧へ

 農林水産省は8月10日、平成30年上半期(1月~6月)の農林水産物・食品の輸出額を公表した。

 上半期の輸出実績は4359億円で対前年比15.25%増加した。
 このうち農産物は2628億円で同15.1%増。林産物は185億円で同7.1%増。水産物は1546億円で同16.4%となった。
 農産物のうち、畜産物は牛肉37.4%増、鶏卵47.0%増などで19.8%増、青果物はいちご40.2%増、もも102.3%増などで32.2%増となった。
 輸出先は1位が香港、2位が中国、3位が米国となった。
 今回は初めて1品目20万円以下の少額貨物の推計結果を発表した。それによると上半期は233億円で同7.6%増加した。
 農林水産物・食品の輸出は平成25年から5年連続で増加し平成29年実績は8071億円となった。政府は31年に輸出額1兆円を目標としている。

 

(関連記事)
世界へ羽ばたく十勝農業(18.08.09)
日本の食材提供で日台間の協力進展を-全農台湾事務所開設式典(18.08.07)
中国向けに日本産米を輸出-神明(18.08.02)
スシローが台湾に進出 JA全農が日本産米提供(18.07.04)
カナダが日本産リンゴ生果実の輸入解禁へ(18.06.08)
全農の販売事業改革着実に【岩城晴哉・JA全農代表理事専務】(18.06.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ