農政 ニュース詳細

2018.08.22 
米国ミズーリ州からの生きた家きんなどの輸入停止解除一覧へ

 農林水産省は米国ミズーリ州における鳥インフルエンザの清浄性を確認し、21日、同州からの生きた家きん、家きん肉などの輸入停止措置を解除した。

鳥インフルの清浄性を確認

 米国ミズーリ州からの生きた家きん、家きん肉などについては、同州で鳥インフルエンザが確認されたことから、それぞれ平成30年3月からわが国への輸入を停止していた。しかし、米国政府からわが国に提供された鳥インフルエンザの防疫措置等の情報により、同病の清浄性を確認。21日、輸入停止措置を解除した。
 昨年の米国からの輸入実績は生きた家きんのひなが12万1527羽、家きんの肉等が2万2788t、家きんの卵が1万1467t。米国の総生産量のうち同州ではブロイラーが約3.3%、卵が約2.9%を占めている。

 

(関連記事)
スウェーデン産の家きんなどを一時輸入停止(18.05.30)
デンマーク産家きん肉の輸入停止(18.05.08)
ハンガリー産豚肉を一時輸入停止へ(18.04.25)
日本 清浄国に-鳥インフルエンザ(18.04.17)
ドイツからの生きた家きんなどの輸入停止解除(18.04.17)
フィンランドのシカを輸入停止(18.04.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ