左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

フィンランドのシカを輸入停止2018年4月16日

一覧へ

 農林水産省は4月13日、フィンランド共和国で起きたシカの慢性消耗病(CWD)の発生を受けて、同国からのシカ科動物とシカ科動物に由来する畜産物の輸入を停止した。

 これは13日、フィンランドの野生ヘラジカでCWD()の発生が確認されたとの情報が同国家畜衛生当局から寄せられ、それを受けて輸入停止の措置を講じた。
 ただし、同省によると、フィンランドからのシカ科動物と同科動物由来畜産物のわが国への輸入実績はこれまでなく、またCWDがわが国で発生したことも確認されていないとしている。

注:シカの慢性消耗病(CWD)とは、家畜伝染病である伝達性海綿状脳症(TSE)の一種で、シカ科動物に感染するプリオン病のこと。1967年に米国コロラド州で初めて確認され、過去に米国、カナダ、韓国、ノルウェーで発生している。

 

(関連記事)
独の家きん肉など輸入停止へ(18.03.23)
スウェーデン産の家きんなど輸入停止へ(18.03.20)
米テキサス州からの生きた家きん輸入停止 低病原性鳥インフル(18.03.13)
仏からの生きた家きんの輸入停止 低病原性鳥インフルで(18.03.13)
香川県の鳥インフル、擬似患畜と確認 殺処分へ(18.01.12)
食用卵および卵製品 台湾向け輸出を再開(18.01.10)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る