Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

フィンランドのシカを輸入停止2018年4月16日

一覧へ

 農林水産省は4月13日、フィンランド共和国で起きたシカの慢性消耗病(CWD)の発生を受けて、同国からのシカ科動物とシカ科動物に由来する畜産物の輸入を停止した。

 これは13日、フィンランドの野生ヘラジカでCWD()の発生が確認されたとの情報が同国家畜衛生当局から寄せられ、それを受けて輸入停止の措置を講じた。
 ただし、同省によると、フィンランドからのシカ科動物と同科動物由来畜産物のわが国への輸入実績はこれまでなく、またCWDがわが国で発生したことも確認されていないとしている。

注:シカの慢性消耗病(CWD)とは、家畜伝染病である伝達性海綿状脳症(TSE)の一種で、シカ科動物に感染するプリオン病のこと。1967年に米国コロラド州で初めて確認され、過去に米国、カナダ、韓国、ノルウェーで発生している。

 

(関連記事)
独の家きん肉など輸入停止へ(18.03.23)
スウェーデン産の家きんなど輸入停止へ(18.03.20)
米テキサス州からの生きた家きん輸入停止 低病原性鳥インフル(18.03.13)
仏からの生きた家きんの輸入停止 低病原性鳥インフルで(18.03.13)
香川県の鳥インフル、擬似患畜と確認 殺処分へ(18.01.12)
食用卵および卵製品 台湾向け輸出を再開(18.01.10)

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る