左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

研究資金応募のための研修実施 農研機構2018年10月16日

一覧へ

 農研機構・生研支援センターは12月7日、質の高い研究課題提案を促す活動・研究支援機能強化の一環として研究資金応募のための研修を開催する。

 農研機構・生研支援センターは、農林水産業・食品産業等の分野で、民間企業・大学・国立研究開発法人などに対して、イノベーション創出強化研究推進事業などの公募型の研究資金を提供し、新たな研究成果の普及を推進している。
 この研修では、公募する委託事業への提案時に踏まえるべき基本的な事項(科学技術政策の方向、農林水産政策のポイント、研究計画の立て方、知財の扱いなど)について説明する。

日時:12月7日(金)13:00~17:30
場所:生研支援センタープレゼンテーションルーム(川崎市川崎区東田町8番地パレール三井ビルディング16階)
参加費:無料
プログラム:
(1)研究計画作成の前提としての政府の科学技術政策:内閣府(科学技術イノベーション担当)
(2)研究計画作成の前提としての農林水産政策 :農林水産省(農林水産技術会議事務局)
(3)応募全般に当たって留意すべき事項:農研機構生研支援センター
(4)研究計画作成に当たり留意すべき事項「社会実装」:農研機構(戦略担当)
(5)研究計画作成に当たり留意すべき事項「農業研究に特有な留意点」:農研機構など
(6)研究計画に当たって知財の留意すべき事項「知的財産の取扱いについての留意点」:農研機構(知的財産担当)
申込み:11月30日(金)までに平成30年度応募前研修開催要領(2018年12月開催)から
問合せ:農研機構生研支援センター連携・企画課(松岡、高岸)
TEL:044-276-8610

 

(関連記事)
「知」の集積と活用の場ポスターセッションを開催 農水省(18.10.04)
TPP11と成長ホルモン問題(17.09.21)
農研機構と東京農業大が連携協定締結(17.09.07)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る