左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

小型無人航空機利活用拡大で検討会 農水省2018年11月3日

一覧へ

 農水省11月5日、中央合同庁舎で「第3回農業分野における小型無人航空機の利活用拡大に向けた検討会」を開催する。

 農業分野のための小型無人航空機の利用に係る航空法に基づく規制については、規制改革実施計画で各種規制の妥当性や代替手段を検討し、結論を得て速やかに必要な措置を講ずることとされた。
 農水省は、航空法に基づく規制の改革に向けた円滑かつ迅速な検討に資するよう、農業分野における小型無人航空機の利用実態と技術開発の現状の把握、各種規制がリスク回避に寄与する程度の分析を行い、規制の代替手段を検討することを目的とした検討会を開催しているが11月5日第3回検討会を開催する。

日時:11月5日(月)13:30~16:00
場所:中央合同庁舎4号館12階1219~1221号会議室(東京都千代田区霞が関)
参加人数:80名程度
申し込み:インターネット、FAXまたは郵送にて11月1日(木)17:00必着

 

【インターネット】
第3回農業分野における小型無人航空機の利活用拡大に向けた検討会 傍聴申込

 

【FAX・郵送】
〒100-8950
東京都千代田区霞が関1-2-1
農林水産省消費・安全局植物防疫課防疫対策室国内防除第2班宛て
FAX:03-3502-3386

傍聴申込書は、第3回 農業分野における小型無人航空機の利活用拡大に向けた検討会の開催及び一般傍聴についてから

 

(関連記事)
建更の共済支払見込額66億円 九州北部の台風3号および大雨被害(17.08.03)
「農作物・生産者・環境」の安全守る 農薬危害防止運動(17.05.31)
農薬空散にドローン 軽く扱い易く低価格 テラドローン(株)が発売(16.09.20)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る