農政 ニュース詳細

2018.11.12 
PAWEESとINWEPFが奈良で国際会議 農水省一覧へ

 PAWEES(国際水田・水環境工学会)とINWEPF(国際水田・水環境ネットワーク)が11月20日から22日に、奈良県で「PAWEESーINWEPF国際会議奈良2018」を開催する。
 またこの会議で、ICID(国際かんがい排水委員会)日本国内委員会が、平成30年度世界かんがい施設遺産に登録された日本の4施設に登録証の伝達を行う。

◆奈良国際会議
日時:11月20日(火)~22日(木)
場所:奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~(奈良県奈良市)
参加者:約540名(海外:約210名(21カ国)、国内:約330名)

 水田農業の発展に取り組んでいるアジア・モンスーン地域の政策立案者や研究者、技術者などが2030年までのSDGsの達成に向け、持続的な水田農業の促進を図るため、取り組むべき施策や研究などについて情報交換・議論を行う。

○テーマ
PAWEESーINWEPF:SDGsに向けた持続的な水田農業
PAWEES:土地・水・環境のスマートマネジメント
INWEPF:より強靭で生産的な水田農業

○プログラム
・基調講演、PAWEES授賞式、世界かんがい施設遺産登録証伝達式
・PAWEESーINWEPF合同シンポジウム
・PAWEES、INWEPF個別セッション
・ICID-PAWEESーINWEPF連携ワークショップ
・現地視察(下渕頭首工、白川ため池など)

◆平成30年度世界かんがい施設遺産登録証伝達式
日時:11月20日(火)10:00~12:00
場所:奈良春日野国際フォーラム甍~I・RA・KA~能楽ホール

 世界かんがい遺産とは、平成26年に創設されたかんがいの歴史・発展を明らかにし、理解醸成を図るとともに、施設の適切な保全のために歴史的なかんがいを施設をICIDが認定・登録する制度のこと。
 平成30年8月13日(月)にカナダ・サスカトゥーンで開催された第69回ICID国際執行理事会で日本国内で世界かんがい施設遺産に登録されたのは以下の4施設。また、今回の登録でわが国の世界かんがい施設遺産は計35施設となった。
・北楯大堰(山形県庄内町)
・五郎兵衛用水(長野県佐久市)
・大和川分水築留掛かり(大阪府柏原市、八尾市、東大阪市)
・白川流域かんがい用水群(熊本県熊本市、菊陽市、大津町)

 

(関連記事)
【インタビュー・水田農業対策】金井健・JA全中常務理事(1)(18.11.09)
低価格銘柄 60kg1200円上昇-30年産米相対価格(18.11.09)
【対談】自給率向上の具体策を 農業あっての地域・国家(2)【山田俊男参議院議員・菅野孝志JAふくしま未来代表理事組合長】(18.10.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ