農政 ニュース詳細

2018.11.16 
岐阜県で豚コレラ2例目発生一覧へ

 農林水産省は11月16日、岐阜市で豚コレラの擬似患畜が確認されたと発表した。9月に発生が確認されて以来、2例目となる。

 場所は岐阜市の畜産センター公園。1例目の発生農場から約8km離れており、野生イノシシの調査対象区域内にあたる。
 肥育豚(4~5か月齢、2頭)と子豚(約1か月齢、21頭)を岐阜市が管理する同公園内で飼養していた。
 岐阜県は15日に同公園から体調不良豚1頭が発生したとの通報を受け、県中央家畜保健衛生所による立ち入り検査を実施した。その結果、16日に豚コレラの擬似患畜であることが確認された。
 農水省は豚コレラに関する防疫指針に基づき、飼養豚の殺処分と焼埋却、移動制限区域の設定など必要な防疫措置を実施する。

 

(関連記事)
岐阜県以外はすべて陰性 豚コレラ(18.10.11)
野生イノシシの豚コレラ 6例目を確認-農水省(18.09.25)
野生イノシシ2頭から豚コレラ 侵入防止徹底を-農水省(18.09.19)
豚コレラ 海外から?-農研機構の解析結果(18.09.19)
ベルギー産豚肉一時輸入停止 農水省(18.09.18)
豚コレラ 防疫措置完了-岐阜県(18.09.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ