農政 ニュース詳細

2018.12.18 
畑作経営の所得29.6%増加一覧へ

・農水省29年農業経営統計調査

 農林水産省が12月11日に公表した29年の畑作の個別経営についての統計によると、1経営体当たりの農業粗収益(全国平均)は954万円で、前年に比べ10.5%増加した。一方農業経営費は606万円で前年に比べ1.9%増加。この結果、農業所得は348万円となり、前年に比べ29.6%減少した。

 このうち、北海道における畑作作付延べ40.0ha以上階層の1経営体当たりの農業粗収益は6796万円で、前年に比べ13.1%増加した。これは、麦類、豆類、ばれいしょ、てんさい等の主要作物の収入が総じて増加したことによるもの。
 一方、農業経営費は4386万円で、前年に比べ3.0%増加した。この結果、農業所得は2410万円となり、同37.7%増加した。
 また、北海道を除いた都府県における畑作作付延べ面積10.0ha以上階層の1経営体当たりの農業粗収益は3552万円で前年比12.5%増。農業経営費は2309万円で同4.9%増。この結果、畑作農業所得は1243万円となり、前年に比べ30.1%増加した。

 

(関連記事)
水田作経営の農業所得11.2%増(18.12.18)
個別経営の所得微増 農水省(18.12.18)
JA改革の到達点を確認 所得増大へ資金面でも支援 農業協同組合研究会(18.12.11)
農家の所得どう上げる? 輸出効果検証を-自民党部会(18.12.05)
【対談】国民のための農業・食料 今、農協が存在感示せ(1)【村上光雄・JA三次元組合長、鈴木宣弘・東京大学教授】(18.10.24)
国民と農家の未来、だまし言葉でつぶすな【吉川はじめ・社民党幹事長】(18.10.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ