左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「食の安全と安心部会」発足記念シンポジウム開催 東京農大2018年12月18日

一覧へ

 東京農大総合研究所研究会は、食の安全のために科学的な知識や農学分野から貢献できる情報を発信するため「食の安全と安心部会」を発足させたと12月17日に発表。同時に記念シンポジウムを来月11日に開催する。

 東京農大総合研究所研究会は会員や一般を対象に、HACCPの制度化に関する情報提供を行い、その理解を深めることを目的にシンポジウムを開催する。
 2019年1月11日午後1時から、厚生労働省の担当者が食品衛生法の改正について解説。同省の検討会の議論や国際情勢などを踏まえ、なぜ今HACCPの制度化が必要なのか、またその背景にある食品衛生管理の国際整合性の重要性について講演が行われる。
 後半では、HACCPの制度化の対応状況に関し、HACCPの考え方を広く浸透させていく立場にある食品衛生協会、また実際の対応を求められる民間会社の中から、食品流通の立場から現状が紹介され、最後にこれらの情報を基に総合討論を行う予定。
 参加は無料で、事前申し込みが必要。メールで「第1回食の安全と安心部会シンポジウム参加申込」と件名を記入し、名前、勤務先名称・住所、連絡先電話番号、メールアドレス、情報交換会参加有無も添えて来年1月7日までに送信する。

○送信先メールアドレス:kenkyuka@nodai.ac.jp

 

(関連記事)
「稲・コメ・ごはん部会」 第7回セミナー参加者募集 東京農業大学(18.12.17)
【床爪 晋・JA世田谷目黒相談役】相続対策で都市農地守る(1)(18.12.14)
「子どもの貧困」支援活動 54生協に増加 日本生協連(18.12.10)
雜賀慶二氏が「2018穀類食品産業国際検討会」で講演 東洋ライス(18.11.20)
THE世界大学2019にランクイン 東農大(18.10.03)
東京農大とJA全農 包括連携協定を締結(18.07.11)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る