Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「稲・コメ・ごはん部会」 第7回セミナー参加者募集 東京農業大学2018年12月17日

一覧へ

 東京農大総合研究所研究会「稲・コメ・ごはん部会」は、2019年1月24日「稲」に着目した最先端の話題を取り上げるセミナーを実施する。

 「稲・コメ・ごはん部会」は、第一線で活躍する米でつながった各業界関係者が協力し、新たな価値観の発見や共有を行っている。
 7回目となる今回のセミナーでは、1月24日14時から国立遺伝学研究所 情報・システム研究機構の佐藤豊氏が「野生の稲に学ぶ?稲・コメ・ごはんの今昔?」について講演する。
 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構の堀清純氏が「ごはんの美味しさを決める遺伝子を見つける」をテーマに、同機構の小松晃氏が「一株の稲に、たくさんのコメを実らせるには?~従来の品種改良からゲノム編集まで~」をテーマに講演をする。
 参加費は非会員が2000円、会員・学生は無料。申し込みはメールで、ikg-bki8@nodai.ac.jp宛てに以下の情報を送信する。
▽セミナーの出席希望、情報交換会(セミナー後有料交流会)の出欠、会員か非会員か、名前、連絡先(住所)、電話番号、メールアドレス

詳しくは、1月24 日(木)「稲・コメ・ごはん部会」 第7回セミナーのご案内をご覧ください。

 

(関連記事)
丸ビルで「革新的技術研究成果報告会」 東京農業大学(18.11.20)
SDGs重視の貿易秩序への大転換を目指す日米交渉に【白石正彦・東京農業大学名誉教授】(18.10.10)
THE世界大学2019にランクイン 東農大(18.10.03)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る