左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

GIフォーラム・おきたま地酒サミット開催 JA山形おきたま2019年2月21日

一覧へ

 GI(地理的表示)登録されている山形県産の農作物・酒の知名度向上や有利販売を図るため「GIフォーラムin米沢」を開催する。また、同時に「第5回おきたま地酒サミット」も開かれる。

 3月10日(日)、午後1時半から開かれるGIフォーラムでは、農畜産物のブランド化について話が展開する。
 第1部は、『農畜産物のブランドづくりのポイント』~食と農をつなぎ、顧客を生みだす方法~をテーマに静岡県立大学経営情報学部の岩崎邦彦教授による基調講演が。また、第2部では、GI登録産品の代表者による産品のブランド化に関するパネルディスカッションが行われる。
 参加希望者は同JA・営農経済部営農企画課(電話:0238-46-5300)に申し込みが必要。
 また、同日午後4時からは「第5回おきたま地酒サミット」が開かれ、地元伝統野菜や米沢牛を使った料理の提供、17蔵の地酒試飲ブース、商品販売、やまがた舞子による日本舞踊・会場内での練り歩きなどが予定されている。
 サミットは参加チケットが必要。同JA各支店窓口ほか、第5回おきたま地酒サミットのチケット情報(イープラス予約ページ)で購入できる。ひとり5000円(税込)、250人限定。会場は、山形県米沢市のグランドホクヨウ ブライトン。

 

(関連記事)
丸の内で地理的表示(GI)フェス開催(19.02.06)
「大山ブロッコリー」のGI登録取得 JAとっとり西部(19.01.11)
JA串間市大束「ヤマダイかんしょ」、JAいわでやま「岩出山凍り豆腐」がGI登録(18.08.08)
日欧EPA協定のGI保護-「パルメザン」は対象外(17.12.20)
イタリアの産品が初登録-地理的表示(GI)(17.09.19)
京都の「万願寺甘とう」がGI登録-JA全農(17.06.26)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る