Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日欧EPA協定のGI保護-「パルメザン」は対象外2017年12月20日

一覧へ

 7月の日欧EPAの大枠合意を受け日本とEU間で地理的表示(GI)の保護について調整を実施してきたが、11月末に最終的な調整を行い、EU側71、日本側48のGI登録産品が相互に保護されることになった。

 双方は高いレベルでのGI保護で合意し、産品への表示だけではなく広告やインターネットなどのサービス的な名称使用についてもGI侵害として地理的表示の使用が禁止される。
 使用禁止とされるのは、消費者に真正の地理的表示産品と誤認させるような名称使用のほか、明細書(産地・品質基準・生産方法などを示す文書)がない産品では▽真正の産地を記載している場合、▽真正の産地を翻訳、音訳している場合、▽~種、~タイプ、~スタイルといった表現をしている場合。また、地理的表示の保護以前から同一・類似名称を使用していた(先使用)場合についても、日欧EPA発効後、7年間の経過期間を経た後は地理的表示の使用は禁止される。ただ、カマンベール、ゴーダなどGIの一部が普通名称と認識されているものは保護されない。ハードチーズの「パルメザン」も保護対象外などに合意した。
 品種名称として同一名称が使用されている産品については、品種としての名称使用は対象外とした。バレンシア・オレンジなどがその例となる。
 一方、日本のGI産品で保護の対象となるのは地理的表示保護制度で登録された産品のうち48産品。今回の合意に基づき物への直接表示だけでなく広告等のサービス的な使用もGI保護の対象とすることや、名称等の「先使用期間」を7年に制限するよう地理的表示法の改正を検討する。

 

(関連記事)

入善ジャンボ西瓜など地理的表示(GI)に新たに10品目(17.12.19)
GI産品一堂に 千葉・幕張でフェスタ-JTB西日本(17.09.25)
イタリアの産品が初登録-地理的表示(GI)(17.09.19)
京都の「万願寺甘とう」がGI登録-JA全農(17.06.26)
他国と比べても著しい知る権利・民主主義の劣化(17.06.08)
松阪・米沢・前沢 和牛をGI登録(17.03.06)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る