農政 ニュース詳細

2019.03.12 
岐阜県における経口ワクチン散布研修会の実施について一覧へ

 農水省は、野生いのししを介した豚コレラウイルスの拡散を防止するため、2月22日に、野生いのししに対する経口(餌)ワクチンを、豚コレラに感染したいのししが確認された地域に限定して散布することを決定した。
 野外散布の実施に当たり、ドイツから専門家を招致し、経口ワクチン散布研修会を実施する。

 研修会の概要は以下の通り
○日時:平成31年3月13日(水)
座学研修(ワクチンの取扱い方法等)第1部 13時00分~13時30分 第2部15時00分~15時30分
実地研修(散布、回収作業等の実演)第1部  13時30分~14時30分 第2部15時30分~16時30分

○場所:岐阜県森林文化アカデミーテクニカルセンター(岐阜県美濃市曽代88)

○対象者:経口ワクチン散布地区タスクフォース(岐阜県農林事務所・県事務所、市町村、猟友会)

 

(関連記事)
豚コレラ 岐阜で国内11例目を確認(19.03.08)
野生イノシシにワクチンを検討-豚コレラ対策(19.02.20)
岐阜の豚コレラ 強毒株より低い病原性-農研機構(18.11.29)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ