農政 ニュース詳細

2019.03.12 
EUに乳及び乳製品輸出が可能に 農水省一覧へ

 日本産乳及び乳製品の輸出解禁のために、EU当局と協議を進めた結果、EU向けに当該製品を輸出可能な国として、3月6日(水曜日)に日本がEUの第三国リストに掲載された。

 農水省は、厚労省と連携し、EU当局との間で、乳及び乳製品の輸出解禁のための協議を進めた結果、3月6日(水)に乳及び乳製品に関してEU加盟国向けに輸出可能な国として日本が第三国リスト()に掲載され、20日後に有効となる旨公表された。
 これにより、日本産乳及び卵の使用割合が50%未満である等の条件を満たす菓子等の加工食品は、3月26日よりEU加盟国に輸出可能となる。
 詳細な条件は、日本からEUへ輸出する乳や卵を含む加工食品についてをご覧ください。
 EU加盟国に乳及び乳製品を輸出するためには、今後、厚生労働省が対EU輸出施設の認定を行い、その認定された施設をEU当局に通知する必要がある。また、原料乳を生産している農場の農林水産省への登録も必要となる。
 今後、EU当局と主に施設の認定要件等の食品衛生に関する条件をさらに協議し、その結果を踏まえて、対EU輸出施設の認定等に必要な「対EU日本産畜産物輸出取扱要綱(仮称)」を作成する予定だ。

日本を乳及び乳製品に関して第三国リストに含める旨公表した資料

○問い合せ先:消費・安全局動物衛生課国際衛生対策室
○担当者:沖田、松尾
○TEL(代表):03-3502-8111(内線4584)
○ダイヤルイン:03-3502-8295
○FAX:03-3502-3385

 

(関連記事)
新宿に牛? 東京の畜産物と搾乳体験を楽しもう!! JA東京中央会(19.03.04)
牛乳・乳製品の専門カフェ、3月6日オープン ホクレン(19.02.26)
チーズの生産向上めざす 中央酪農会議が研究会実施(19.02.18)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ