左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

31年産水稲の10a収量 1kg増の533kg 農水省2019年3月19日

一覧へ

 農林水産省は3月15日、平成31年産水稲の10aあたり平年収量を公表した。ふるいめ幅1.7ミリの10aあたり収量は前年産より1kg増加の533kgとなった。

 都道府県別にみると、引き上げとなったのは11県となった。青森県(+2kg、592kg)、岩手県(+1kg、537kg)、宮城県(+2kg、536kg)、福島県(+1kg、545kg)、群馬県(+3kg、498kg)、千葉県(+2kg、542kg)、新潟県(+1kg、544kg)、富山県(+2kg、542kg)、和歌山県(+2kg、497kg)、広島県(+3kg、526kg)、長崎県(+2kg、482kg)となった。
 一方、引き下げとなったのは6県(神奈川県、福井県、兵庫県、愛媛県、福岡県、鹿児島県、いずれも1kg減)。
 作柄表示地帯別の10aあたり平年収量は6月末ごろに決定される。
 平年収量は、その年の気象推移、被害発生などを平年並みと見なして予想。作況指数の基準となる。

 

(関連記事)
30年産作況 やや不良の「98」に 1ポイント下方修正-農水省(18.12.12)
事前契約147万t-30年産米(18.12.03)
【30年産米作柄】全国主要213JAの集計結果(18.11.13)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る