米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.12.12 
30年産作況 やや不良の「98」に 1ポイント下方修正-農水省一覧へ

 農林水産省は12月10日、30年産水陸稲の収穫量を公表した。10月15日現在では全国作況を「99」と見込んだが、その後、西日本の晩生種などの収穫の結果、見込みよりも収量が少なく1ポイント下方修正し「98」で確定した。30年産の全国作況は「やや不良」となった。

 県別では岡山県の「99」が「98」に、沖縄県の「101」が「100」となった。ブロック別では近畿が「99」から「98」となった。
 その結果、30年産の主食用収穫量は732万7000tの見込みとなり、10月15日現在の予想収穫量より2000t減となった。
 農家が使用しているふるい目幅ベースの全国の10a当たり収量は511kg(平年収量519kg)で作況指数は「98」と見込まれた。
 また、陸稲の作付面積(子実用)は750ha。10a当たり収量は232kg(平均収量比100%)となり収穫量は1740tとなった。
 平成30年産米の作柄について、本紙は全国240JAを対象に10月中・下旬に聞き取り調査等を行った結果、全国で「98」と推計され、10月30日にJAcom緊急調査結果として報じた。

【JAcom緊急調査】30年産米作況「98」(速報値)

  

(関連記事)
事前契約147万t-30年産米(18.12.03)
30年産米 1等比率82.2%-10月31日現在(18.12.03)
【米生産・流通最前線2018】三澤正博・木徳神糧(株)取締役専務執行役員インタビュー(18.11.30)
飼料用米助成単価 断固維持を-自民党が決議(18.11.30)
31年産米 前年比で最大17万t減-適正生産量(18.11.29)
【熊野孝文・米マーケット情報】新潟コシの独歩高 いつまで?(18.11.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ