第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCヘッドSP:エクシレルりんご
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

『「知」の集積と活用の場ポスターセッション2022』開催 農林水産省2022年11月10日

一覧へ

農林水産省が推進する『「知」の集積と活用の場産学官連携協議会』は11月30日~12月16日、研究成果やその商品化事例等を紹介するポスターセッションを開催。会場とオンラインのハイブリッド展示で農林水産・食品分野の「知」の最前線を届ける。

『「知」の集積と活用の場』は、農林水産・食品分野に他分野のアイデア・技術等を導入し、産学連携で新たな商品化・事業化をめざすオープンイノベーションの取組として、2016年に立ち上げられ、現在、4300を超える企業や大学、研究機関などが参加している。その中で、共通の課題に対して会員が集まって研究構想やビジネスモデルづくりに取り組む「研究開発プラットフォーム」と、各プラットフォームの中で具体的な研究や製品開発を行う「研究コンソーシアム」が多数設立され、研究開発活動が活発に行われている。

このほど、『「知」の集積と活用の場』の研究開発プラットフォーム等の研究成果やその商品化事例等を紹介するポスターセッションを、会場とオンラインのハイブリッド展示で開催。会員でなくても参加できる。

◎開催概要
(1)会場でのポスターセッション
日時:11月30日 13時~17時
会場:大崎ブライトコアホール(品川区北品川5-5-15大崎ブライトコア3階)
参加費用:無料
参加方法:申込フォームから事前申込のうえ来場
申込締切:11月29日 13時00分

(2)オンラインセッション(ライブ配信)
日時:12月15日 13時~17時
視聴方法:Web会議システム「Webexウェビナー」
参加費用:無料
参加方法:申込フォームから事前申込
申込締切:12月14日 13時00分

(3)特設Webサイトでのポスター展示
日時:11月30日~12月16日
参加方法:申込み不要

【会場でのポスターセッション申し込み】

【オンラインセッション申し込み】

【ポスター展示】

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る