秋特集:国生国産PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

鳥インフルエンザ 福島県で初確認 国内20例目2022年11月29日

一覧へ

農林水産省は11月29日、福島県で高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されたと発表した。今シーズン国内20例目で福島県の家きん農場で確認されたのは初めて。

農場は伊達市の肉用鶏農場で約1万7000羽を飼養していた。

28日に農場から死亡羽数が増えているとの通報を受け、簡易検査を実施したところ陽性であることが判明した。その後、遺伝子検査の結果、29日に疑似患畜であることが確認された。

福島県では初の確認。野中厚農林水産副大臣は同日午前、福島県庁で内堀雅雄知事と面会し緊密な連携を図る。

農場では殺処分などの防疫措置を実施する。

また、28日は農水省の家きん疾病小委員会が緊急提言をまとめ、農場と周辺の消毒の徹底や長靴の消毒・交換、野生動物の侵入防止などの防疫措置に加え、農場周辺のため池の消毒や水抜きも必要と提言した。これを受け農水省は都道府県に通知した。

今シーズンは過去もっとも早い10月中に1例目が確認され、北海道から鹿児島まで全国で発生している。29日の定例会見で野村哲郎農相は多発する鳥インフルエンザについて「異常だとみている」として専門家の緊急提言を現場に徹底させるなど、警戒を強めるよう指示したと話した。

また、卵価については年末年始にかけて相場が上がる時期だが、飼料代の高騰と鳥インフルエンザ被害による減産で通常の相場より「2割程度上がっている」とした。採卵鶏を淘汰するまでの期間を伸ばすなどの対策を検討しているという。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る