農薬 ニュース詳細

2013.05.20 
麦の赤かび病に注意 病害虫発生予報一覧へ

 農水省は5月16日、平成25年度病害虫発生予報第2号を発表した。麦の赤かび病、施設栽培のアザミウマ類、コナジラミ類の発生が多くなると予想している。

【水稲】
 イネミズゾウムシの発生は平年並み。ヒメトビウンカは南関東、中国の一部で多い、近畿の一部でやや多いと予測。
 また、田植後の補植用取り置き苗はいもち病の発生源となるので、早めに除去するよう注意している。

【麦】
 赤かび病が、北陸、東海の一部でやや多いと予測。赤かび病の防除は、適期を逃さずに行うことが重要であり、▽小麦、六条大麦=開花始めから開花期まで▽二条大麦=穂揃い期の10日後ごろ、に最初の防除を行うよう呼びかけている。

【野菜・花き】
 露地栽培では、キャベツのアザミウマ類が南関東でやや多い、タマネギのべと病が中国・北九州で多い、東海・近畿でやや多い。
 施設栽培では、キュウリのべと病が九州で多い、ナスのすすかび病、アザミウマ類、コナジラミ類が四国で多い、キクの白さび病が南九州で多い。

【果樹】
 カンキツ類のかいよう病が東海で多い。
 ナシの黒星病が東海で多い。

 発生予報第3号は6月13日に発表する予定。


(関連記事)

【シリーズ】現場に役立つ農薬の基礎知識2013

6月から8月まで「農薬危害防止運動」(2013.05.14)

・イチゴのハダニ類、トマトの灰色かび病発生多い(2013.04.19)

農薬による人的事故・被害 36件で48人(2013.03.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ