Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「サンライズ西条加工センター」に2015年5月12日

一覧へ

JA全農えひめと愛媛銀行が新規出資

 住友化学などが出資する、カット野菜事業会社「(株)サンライズ西条加工センター」は、全国農業協同組合連合会愛媛県本部(以下JA全農えひめ)および(株)愛媛銀行より、新たに出資を受けることになった。

 住友化学は、農薬、肥料、各種農業資材などの農業関連製品やサービスを幅広く提供し、安全安心で効率的な農業生産を総合的に支援する「トータル・ソリューション・プロバイダー(以下TSP)」ビジネスを展開している。
 サンライズ西条加工センターは、TSPビジネスにおける6次産業化の取り組みの一環として、住友化学や他の出資者が2014年2月に愛媛県西条市に設立し、同年11月から四国地方最大級となるカット野菜工場として稼働を開始した。
 同社では、HACCPによる衛生・品質管理の下で、農産物を加工・パッキングし、四国、近畿、中国、九州地方などに出荷している。
 このたびのJA全農えひめからの出資は、日本経済団体連合会とJAグループが取り組んでいる「経済界と農業界の連携」を象徴する事例のひとつであり、地域ブランドの構築による産地形成や、農業の6次産業化・高付加価値化など、地域農業の活性化に向けた役割を果たしていく事例となるものだ。
 また、カット野菜工場が立地する西条市は、「四国経済を牽引する『総合6次産業都市』推進計画」を掲げて、農業の生産、加工、流通の融合などに取り組んでおり、同加工センターはその中核を担うべく、体制を拡充していく方針だ。今回の出資に合わせ、住友化学、伊予銀行が若干の増資に応じることが決定している。
 住友化学は、これまでに培ってきたさまざまな知見やノウハウを活用し、サンライズ西条加工センターや、国内各地に設立した農業法人「住友ファーム」「サンライズファーム」とともに、地域の生産者や生産者団体、自治体などの関係者と協力しながら、地域農業の発展に貢献していく考えだ。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る