左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

売上高は138億ドル 全部門・地域で増加―ダウ・ケミカル2017年8月2日

一覧へ

 ザ・ダウ・ケミカル・カンパニーの2017年第2四半期の売上高は、全部門及び地域で増加し、M&Aの影響を除くと8%増の138億ドルとなった。

 ダウの第2四半期売上高は、前年同期比16%増の138億ドルだった。ダウコーニングのシリコーン事業統合の影響を除くと、8%増となった。
 パフォーマンス・マテリアルズ及び化学品事業部門(13%増)、パフォーマンス・プラスチック事業部門(8%増)、コンシューマー・ソリューションズ事業部門(8%増)を中心とした全営業部門、ならびに欧州・中東・アフリカ・インド(EMEAI、12%増)、アジア太平洋(8%増)、北米(7%増)を中心とした全地域で増加した。
 販売数量は、全営業部門及び地域で幅広く増加し、買収の影響を除くと3%増となった。自動車、インフラ、コンシューマー・ケア、エレクトロニクス、農業など、消費者主導の最終市場に対応する事業が、牽引役となった。
 営業EBITDA(金利・税金・償却前利益)は、パフォーマンス・プラスチック事業部門を除く全部門で増加し、12%増の28億ドルとなった。
 価格の上昇と需要拡大、新製品の発売、コスト管理と生産性向上の取り組み、ダウコーニングのシリコーン事業の寄与などが、原料コスト上昇、サダラ及び米国メキシコ湾岸地域における試運転と始動コスト、定期保守費用を上回ったものだ。
 同社アンドリュー・リバリス会長兼CEOは「ダウは、素材科学に関する専門知識が重視される中核的な最終市場、にターゲットを絞った戦略を展開し、低コスト統合の強みと世界をリードする革新力を戦略の主な柱としてきたが、その効果が証明された」ものだとコメントしている。

(関連記事)

ダウ・ケミカル日本グループ、商号・組織変更(17.07.26)

トウモロコシ・ハイブリッド種子事業を売却 ダウ・ケミカル(17.07.18)

統合計画最新情報を発表 ダウ・デュポン(17.07.05)

ダウ・デュポン対等経営統合計画、米国司法省が承認(17.06.23)

増収増益で売上高は132億ドル ダウ・ケミカル(17.05.15)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る