左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

平成29年9月期第3四半期業績 売上高は465億2百万円 日本農薬2017年8月9日

一覧へ

 日本農薬(株)は8月8日、平成29年9月期第3四半期決算を発表した。売上高は前年同期を上回り465億2百万円(前年同期比18.6%増)だったが、利益面では大幅な減益となった。

 国内経済は回復基調で推移したが、海外経済は依然として不透明な状況にある。そうした状況下で同社は中期経営計画「Advance to Growing Global 2018グローバル企業への前進」に取組み、海外事業の拡大と自社開発品の普及拡販を目指した。
 同第3四半期の業績は、前連結会計年度末に連結子会社化した、ブラジルのSipcam Nichino Brasil S.A.の業績を含めたこともあり、売上高は前年同期を上回った。また、海外農薬事業が、グループ全体の売上高の5割を超えた(50.4%)。
 一方、利益面ではノウハウ技術料収入が大きく減少したことなどから、前年同期を下回った。
 結果、売上高は465億2百万円(前年同期比18.6%増)となった。営業利益は34億78百万円(同30.8%減)、経常利益は36億6百万円(同23.0%減)、親会社に帰属する四半期純利益は21億75百万円(同20.2%減)となった。
 農薬事業では、過年度流通在庫の影響から、水稲用除草剤の販売が低迷した。また、農薬原体販売では、一部の園芸用殺虫剤の売上高が伸び悩んだ。
 しかしながら、てんさい用除草剤「ビートアップ」の販売を開始し、品目ポートフォリオの拡充を図るとともに、園芸用殺虫剤「フェニックス」や水稲用殺菌剤「ブイゲット」などの主力自社開発品目の普及拡販に努めた結果、国内販売全体の売上高は前年同期を上回った。
 海外農薬販売では、米州・アジア地域の販売が好調に推移し、売上高は前年同期を上回った。結果、海外農薬事業が、同社グループ全体の売上高の過半を占めることとなった。

(関連記事)

【人事異動】機構改革及び人事異動発表 日本農薬(8月1日付)(17.07.20)

平成29年9月期第2四半期増収減益決算発表 売上高は354億89百万円 日本農薬(17.06.01)

平成29年第1四半期 売上高は128億円 日本農薬(17.02.16)

機構改革を発表(12月20日付) 日本農薬(16.12.08)

【機構改革並びに人事異動】日本農薬(株)(12月20日付)(16.11.15)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る