Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農薬取締法改正に要望を反映 農薬工業会総会2018年5月17日

一覧へ

 農薬工業会は5月16日、東京・日本橋茅場町の鉄鋼会館で第87回通常総会を開催した。総会後に記者会見を開き、2017年度の工業会事業報告、18年度の事業計画について報告した。

会見であいさつする西本麗農薬工業会会長 西本麗会長(住友化学代表取締役専務)は17年度事業報告の中で行政への対応についての成果を述べた。特に昨年は農林水産省による「農薬取締行政の改革」の方針が打ち出されたことを受けて工業会が「再評価制度導入に関する意見書」を同省に提出。その後、農水省は自民党農林部会に対して「農薬取締法の一部改正案」を説明したが、改正案には意見書の要望が反映されるとともに、日本の農薬業界の創薬力の高さが記載されるなど、行政への的確な対応がなされたと評価した。
 また、広報活動では、農薬の安全性や有用性をより一層訴求していくために、BS放送や女性誌、SNSなどネットワークを利用した情報発信力を高めるために「オードリー春日の知っとく!ベジライフ3 食の安全委員会」の番組制作を行い、それらネットを使って放送した。その結果、138万世帯、345万人の視聴が得られたと、その成果を強調した。
 18年度の事業計画では
(1)「JCPAビジョン2025」実現に向けた計画推進と持続可能な開発目標(SDGs)と関連づけた情報発信、(2)「農薬取締制度の見直し」に関する諸課題への的確な対応、(3)安全・広報活動の戦略的な推進、(4)スチュワードシップ(他人から預かった資産を責任をもって管理運用すること)活動の推進とコンプライアンス(企業の法令遵守)の確保、(5)農薬業界のグローバル化に呼応した活動推進の5点を重点事業に据えると述べ、関係者の理解を求めた。
 なお、工業会会長はじめ役員は再任された。

(写真)会見であいさつする西本会長

 

(関連記事)
農薬工業会が賀詞交歓会(18.01.05)
西本 麗 氏(農薬工業会 会長)(18.01.02)
小池 好智 氏(クミアイ化学工業株式会社 代表取締役社長(18.01.02)
貫 和之 氏(住友化学株式会社 常務執行役員)(18.01.02)
谷 和功 氏(三井化学アグロ株式会社 代表取締役社長)(18.01.02)
新会長に西本麗氏を選任 農薬工業会通常総会(17.05.19)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る