食品流通 ニュース詳細

2015.01.28 
ファミレス好調、ファーストフード苦戦一覧へ

平成26年の外食産業

 (一社)日本フードサービス協会は、平成26年(1月〜12月)の協会会員社を対象とした「外食市場動向調査」を集計した。

 全業態トータルの年間全店売上げは、前年比99.8%と、わずかに前年を下回った。
 客単価は、付加価値商品が支持されたこと、原材料価格の高騰によるメニュー改定などもあり、1年を通してプラスで前年比102.7%となっているが、パブ・居酒屋業態だけは98.7%と前年を下回った。
 業態別にみると、売上げは、ファーストフード(97.9%)、パブ・居酒屋(95.0%)以外の業態で前年を上回っている。とくに、ファミリーレストラン(103.2%)、ディナーレストラン(104.0%)喫茶(100.1%、その他(106.3%)は3年連続して前年を上回っている。
 このうちファミリーレストランは客数100.3%、客単価102.9%、店舗数101.7%とも3年連続のプラスとなっている。なかでも焼肉は売上げが108.4%と依然として好調を継続している。
 ファーストフードは2年連続、パブ・居酒屋は6年連続で売上げが前年を下回っている。

(関連記事)

豊田通商がコメ事業参入(2015.01.26)

【コラム・消費者の目】的を絞る(2014.10.08)

【惣菜市場】食の外部化進み市場拡大(2014.09.01)

外食市場23兆9000億円に 前年比2.9%増(2014.06.09)

【シリーズ・いま!食のマーケットは】第2回 強いコンビニ(2)(2014.05.21)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ