左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

430先が出店 第9回「アグリフードEXPO大阪2016」開催 日本公庫2016年2月9日

一覧へ

 日本政策金融公庫(日本公庫)は2月18日と19日の2日間、ATCアジア太平洋トレードセンター(大阪府大阪市)で、国産農産物をテーマとした全国規模の展示商談会、第9回「アグリフードEXPO大阪2016」を開く。

 アグリフードEXPOは「国産」にこだわりを持ち、販路拡大を目指す農業者や食品製造業者とバイヤーをつなぐための展示商談会。昨年の出展者は476先で、来場者数は1万4956人、商談件数は2万6408件(商談会終了後も続いて商談を行う予定は4915件)、会期中の成約件数は1社平均4件で最高40件だった。
 今回は農業者や食品製造業者など430先が出展予定で、「6次産業化」に取り組んだ商品など約1300品目が出品される。またアグリフードEXPO大阪としては初めて、発生から5年目を迎える東日本大震災の復興応援を目的とした「復興支援コーナー」を設置する。
 会場では、(独)日本貿易振興機構(JETRO)がアジアやヨーロッパ、北米など16ヶ国・地域(香港・タイ・インドネシア・カンボジア・ベトナム・中国・ミャンマー・マレーシア・シンガポール・イギリス・オランダ・スイス・ベルギー・ドイツ・カナダ・イスラエル)からバイヤー18社を招いた「個別商談会」を行う他、JETROと(独)日本貿易保険(NEXI)が輸出に関する相談に応じる「海外展開相談コーナー」も設置される。
【開催概要】
◎日時:2月18日10時~17時、19日10時~16時
◎場所:ATCアジア太平洋トレードセンター(大阪府大阪市)
 出展者の一覧などは公式ホームページから確認できる。

(関連記事)
「事業性評価融資」の取り扱い開始-日本公庫 (16.02.05)

第22回農業経営アドバイザー合格220人 総人数3500人超に 日本公庫 (16.02.01)

大雪被害で 相談窓口設置 日本公庫 (16.01.28)

新たに10人 農業経営上級アドバイザー 日本公庫 (15.12.18)

純利益340億円-日本公庫中間期決算 (15.12.01)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る