Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2020年は8億6000万本市場の見込み (株)富士経済がスパウト付パウチ食品市場を調査2020年7月30日

一覧へ

総合マーケティングビジネスを展開する(株)富士経済(東京都中央区、清口正夫社長)の調査によると、飲料や調味料、高齢者向け食品のパッケージに使用されることが多いスパウト付パウチ食品の市場規模は、2020年の見込み本数で8億6160万本であることが分かった。対前年比微減の見込みだが、商品カテゴリーによっては今後の需要増を予想している。

2020年は8億6000万本市場の見込み

飲料や調味料、高齢者向け食品のパッケージとして使用されることが多いスパウト付パウチ。袋の上部に付く飲食物を絞り出すスパウトと呼ぶ噴出口と、平面の袋を一体化させた容器のことで、「クーリッシュ」(アイスクリーム・ロッテ)や「OS-1 ゼリー」(大塚製薬)が有名。

調査は今年4~6月、同社専門調査員による関連企業・団体などへのヒアリングや関連文献の調査などを通じて行われたもの。

スパウト付パウチ食品のメーカー出荷数量をもとに計測した市場規模を2016年以降の5年間でみると、2016年=7億4310万本、2017年=8億2640万本、2018年=9億340万本、2019年=9億2800万本、2020年=8億6160万本など。

市場に流通するスパウト付パウチ食品の7割以上が「飲料」で、大手企業が2018年に新商品を相次いで投入したことが市場拡大に寄与したとの見方も示されている。

2019年も塩こうじや練りごまなどの調味料が伸長し、冷夏だったにもかかわらず、夏場の熱中症対策として需要が高い高齢者向け食品「OS-1 ゼリー」が大幅に実績を伸ばしたのもこの年。

2020年は市場の中心である「飲料」の落ち込みを予想。主要顧客のオフィスワーカーの多くが新型コロナウイルスの影響で在宅勤務となったことを理由に挙げており、調味料は逆に、自宅で調理する機会が増えたため需要増を予測している。

2021年以降の市場は回復に向かうと楽観。とくに高齢者向け食品は高齢化の進展などを背景に栄養補給食品の需要増加が見込まれるとし、冬場の需要開拓が進み通年商品化しているアイスクリームも底上げに寄与するとみている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る