Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

国内パン市場の調査結果を発表 富士経済2020年1月31日

一覧へ

 総合マーケティングビジネスの富士経済は、国内のパン市場をチャネル別、品目別に調査し、その結果を「パン市場のチャネル別需要分析調査 2019」にまとめた。

 国内パン市場(小売りベース)は、2019年の見込が2兆7804億円で、2018年比101.2%。2020年の予測は2兆8049億円。2018年比で102.1%。2018年は、麦や油脂などの原料価格、物流コストが上昇し、製パン各社が価格改定を行った。その影響から特売頻度が低下するなど販売において苦戦を強いられたものの、参入企業における近年の付加価値商品による拡大施策やブランド育成が着実に市場に浸透しており、嗜好性の強い菓子パンを除いて価格改定の影響は限定的となった。

 品目別では、食パンは食パン専門店の登場により従来パンにはなかった贈答需要を獲得し、市場が活性化している。また、デニッシュ食パンやノンホワイトのバラエティ食パンが本格志向、健康志向の消費者の需要を取り込み伸長している。量販店など流通パンにおける需要が高かったが、2018年以降は食パン専門店の流行を受け、生食パンなど製法にこだわった商品の需要が増加しており、ベーカリーショップの構成比が高まっている。

 テーブルパンは、ハード系の商品が都市部を中心に定着している。イングリッシュマフィンやフォカッチャなど本格志向商品の需要が増加しており、夕食での喫食需要を獲得するなど市場は拡大している。

 ベーカリーショップでも近年、ハード系のパンが好調で、スープやサラダに添えるほか、アルコールと一緒に喫食するシーンが増加し、夕食需要を獲得している。

 惣菜パンはCVS(コンビニエンスストア)を中心としたチルドサンドイッチとの競合が激化しているが、量販店インストアベーカリーでは焼きたてを訴求したピザが好調なほか、外食ではマクドナルドの実績拡大により、2019年はサンドイッチ・ハンバーガーの大幅な伸長が見込まれる。

 菓子パンは ベーカリースイーツの需要が落ち着き、ヒットにつながる新奇性の高い新商品がないことから苦戦している。2018年の価格改定に続き、2019年は消費増税が影響し、市場は縮小が見込まれる。

 チルドパンはCVSでのスモークサーモンやローストビーフなどボリューム感のある具材を使用した高単価商品や野菜のバリエーションを訴求した商品の好調、ベーカリーショップでカスクルートが人気なことからチルドサンドイッチ・バーガーが伸長している。コーヒーショップではビジネス街などを中心に軽食として好まれ、需要が増加している。

 2019年は食パン専門店が好調なほか、外食でもドーナツショップを除く業態で拡大が見込まれる。

 また、流通パンでは量販店でバラエティ食パンが伸びている。コンビニエンスストア(CVS)では、付加価値の高いサンドイッチの好調やセブンイレブンの「セブンプレミアムゴールド 金の食パン」のリニューアルなどにより、市場は微増が見込まれる。

(関連記事)

富士経済2020年調査

国内パン市場の調査結果を発表 富士経済

タピオカブームで市場が活性化 清涼飲料の国内市場調査 富士経済

レトルトライス、植物性ヨーグルトさらに拡大 加工食品の市場調査結果 富士経済

伸びる高齢者向け食品 富士経済

注目されるDHA/EPA市場 天然由来有用成分・素材の市場調査結果 富士経済

8カテゴリー71業態の外食産業国内市場調査 富士経済

2020年は8億6000万本市場の見込み (株)富士経済がスパウト付パウチ食品市場を調査

外食市場、2020年は縮小不可避-富士経済が調査

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る