Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

外食市場、2020年は縮小不可避-富士経済が調査2020年7月30日

一覧へ

富士経済(東京都中央区、清口正夫会長)の調べによると、2020年の外食産業の市場規模(見込み)は前年と比べ縮小することとなりそうだ。インバウンド需要などでに大きく拡大した2019年に対し、新型コロナウイルスの感染影響が広がった2020年は、店舗の時短営業や外出自粛要請などを背景に縮小不可避の情勢と分析している。業態別ではテイクアウト市場の拡大を見込んでいる。

富士経済 

外食産業市場の多角的な分析で定評のある調査で、結果の詳細は同社より発刊されている「外食産業マーケティング便覧2020 No.3」(A4判、253頁、書籍版11万円+税、PDF+データ版12万円+税、書籍/PDF+データ版セット14万円+税、ネットワークパッケージ版22万円+税)に詳しい。

7月28日に公表された結果の概要によると、2020年の外食産業の市場規模(見込み)は28兆5965億円。34兆2351億円だった前年値の83.5%となることが想定されている。

昨年は、若者の酒離れや宴会需要の低迷がみられた半面、テイクアウトやファストフード、さらにはインバウンド需要の高まりなどで外食産業市場が大きく拡大した。

一方、新型コロナウイルスの感染危惧が広がった2020年は、店舗の営業時間短縮や休業、不要不急の外出自粛要請による来店客数の減少などで前年比15%以上も落ち込む見込みだ。テイクアウトやデリバリーによる需要獲得が活発化しているが、政府の緊急事態宣言発出に伴う酒類提供の自粛などで飲料店の縮小には拍車がかかっている。

2019年は来店前にアプリで注文と決済を済ませ、来店して商品を受け取るモバイルオーダーの伸展が市場拡大に貢献。消費税率引き上げ(10月)というマイナス要因はあったものの、軽減税率が適用されたテイクアウトはイートインより割安感を生み、2018年から大幅な伸びをみせた。

モバイルオーダーの導入が多くの業態で進んだ2020年はテイクアウト市場のさらなる拡大が見込まれると分析している。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る