想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

総合グランプリは「下仁田ネギえびせん」JR東日本おみやげグランプリ2020年10月23日

一覧へ

JR東日本は、「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2020」の結果を発表。東日本エリアの1都16県からエントリーされた201品の中からグランプリを決めるイベントで、9月22日までの特設WEBサイトでの投票と10月8日の有識者による審査会の結果、総合グランプリには群馬県の「下仁田ネギえびせん」が選ばれた。

総合グランプリは「下仁田ネギえびせん」JR東日本おみやげグランプリ

総合グランプリの「下仁田ネギえびせん」総合グランプリの「下仁田ネギえびせん」

「みんなが贈りたい。JR東日本おみやげグランプリ2020」は、JR東日本管内の1都16県から、「食品」「菓子」「アルコール」「飲料」の4部門に分けた合計201品のエントリー商品の中から、特設WEBサイトでの投票で審査会にノミネートされた35商品を選出。総合準グランプリ、部門賞、東日本エリアを5つに分け選出したエリア賞、審査会審査員が選出した審査員特別賞など、計25賞が決まった。

投票総数は6万3461票の中から総合グランプリに選ばれた「下仁田ネギえびせん」(つつじ庵)は、天然えびと米粉を混ぜ合わせ、米ぬかから採れた油でサッと揚げ、11日間の熟成により素材本来の味わいを引き出したえびせん。群馬が誇る下仁田ねぎをふりかけているのがポイントだ。また、総合準グランプリには、山梨県の代表的な銘菓として親しまれている「桔梗信玄餅 信玄公生誕500年記念」(桔梗屋)が選ばれた。

今回の審査について、審査員長で日本料理「分とく山」の総料理長、野崎洋光氏※は「今回選ばれた35品はすべてすばらしいものばかりで、順位をつけなければならないのは大変でした。これらのおみやげがJR東日本の列車とともに運ばれて届けられ、全国のみなさんが口の中の福、口福(こうふく)を感じられると思います」とコメントしている。

グランプリ受賞商品を取り扱う催事は11月24日から12月9日にかけて品川駅、大宮駅、千葉駅の3駅で開催を予定。JR東日本のショッピングサイト「JRE MALL」内の特設ページでも受賞商品を購入できる。

※野崎洋光氏の「崎」は本来異体字です。

【JRE MALL内特設ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る